読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのシナプスだって、本気出せば手をつなげる。

ごはんとお酒以外も上手に思い出せるよ!ということを証明する実験。尚、嫌いな作品をdisるほどのカロリーは残ってません。

『きっと、うまくいく(2009)』に関する記憶

そんな訳で、今回は『きっと、うまくいく』です。
f:id:pinocorita:20160307230222j:plain

インド屈指のエリート理系大学ICEを舞台に、型破りな自由人のランチョー、機械よりも動物が大好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの3人が引き起こす騒動を描きながら、行方不明になったランチョーを探すミステリー仕立ての10年後の物語が同時進行で描かれる。


映画.comより引用

尚、個人的にはこんな気分のときにおすすめと考えます。

①生理的にミュージカルを受け付けない体質である→Yes
②近々正念場が控えてるので、よく効くおまじないが知りたい→Yes
③風呂敷きちんと畳める人が好き→Yes

その心は

インド映画って、アレでしょ。とりあえず歌って踊ればいいんでしょ?

ええ、ええ。思ってましたよーわたしも
しかし、これね...

最初のダンスシーンなんて、開始から30分後です。

そう。
意外と、引っ張るのよもったいぶるのよ...

わたしはタモさん信者なので、ミュージカルとかけっこう無理めなんですけど。
この辺りと同種と変換すれば、乗り越えられる壁な気がしたよ!


Michael Jackson - Thriller (Short Version)

突然歌い出す感じとか、どこででも群舞する感じとか。
あと、バックダンサーの規模とか。
わりとマイコゥとニアイコールだったよ!

歌に関しても、ね。
たしかに歌うこたぁ歌うんだけど。
意外と現代的で(失敬な!)、愉快だったり美しかったりな名曲が多くって。

女の人の高音でアイヤーアイヤー言ってんだろなー
とか
どうせまた、シタールがびよんびよんしてるんだろなー
とか、そういう先入観がね。

がっつり、裏切られました。いい意味で!
インドさん、ごめんなさいごめんなさい...


17卒の就活エントリーも始まったことですし

「心はとても臆病だ マヒさせる必要がある
 困難が発生した時にはこう唱えるんだ
 "うまーくいーく"*1
「(それで)困難が去る?」
「(いや、)無視する勇気が出る

ほんと、そうだと思う。
私たちの心は怖がりで。
まだ起こってもいないことをついつい、心配してしまう。

今のインドもね。
過剰な競争社会、親や教師からの激しいプレッシャー、自殺問題... ...
けっこういろいろ、しんどそう。

みんなが将来の心配をしている中、ランチョーは風のように生きる人で。
将来なんて、誰にもわからないさ。
今を楽しもうぜ。というのが、彼。

親や教師たちが「彼に影響されるな」と、ことあるごとに言ってくるんだけど。
もはやそれはもう、呪いのようなものなんだね。

だって、ラストのあの学校...
あんな環境が近くにあったら。
そばにあんな大人がいたら。
子どもの将来はどんなに素敵だろう?って

布石の回収率、半端ない

ざっと思い出しただけでも、けっこうあるな...

・立ちションには、お仕置き
・「学校に行くには制服があればいいんだ」
・無料の忠告 「逃げて」
・学長の名前を冠したインバータ
・○○で腹を蹴る赤子
・「お前は好きなものになれ」 

などなど、などなど...
きっちり、拾ってある。
実によくできた脚本だなーと思います。
緩急の付け方も上手なので、172分もそこまで長く感じないぜ兄弟!

ただ一つ。
「ランチョー(真)がなぜ卒業写真に写れたのか?」問題についてね...
どっかで触れてくれるのかなー?と思ってるうちに、ふわっと終わったので。
わたしの中ではフォトショすげー!案件ということで落ち着きました。

うーん。なんか見落としてるかな?わたし

その他、雑記

■恋愛パート要らなかったんじゃね?

とかうっかり思ってしまったんだけど。
でもそれ小雪に激似なヒロインが気になり過ぎたせいかもしれない。

ふむ、マサラムービーとは
・色気(ラブロマンス)
・笑い(コメディー)
・哀れ(涙)
・勇猛さ(アクション)
・恐怖(スリル)
・驚き(サスペンス)
・憎悪(敵の存在)
・怒り(復讐)
・平安(ハッピーエンド)
を1本の映画に盛り込むのが、お約束らしいですね。
※参考:インド新聞

そういえば、そうだった。
なぜか美女と恋に落ちて、追っ手をキレのいいアクションでかわしつつ。
ちょっと微妙なギャグを交えながらも、最終的にはムフフ展開。
そんなことになっていた気がする。インド映画って*2

たとえ、主人公がどんなオッサンでも

いいなーこの過剰なサービス精神。
インドが考えるエンターテイメントって、総合芸術って。
こんな感じなんだろうね。

他の国の映画だったら、こうはいかない。
たぶんこの、3人の友情だけにフォーカスして。
もっともっとコンパクトにまとめた気がする。

今日び、男の涙とか、そんなにそんなに観れるもんじゃないしね。
ざっと思い出してもわたしが最近観た男の涙って...

綾野剛ぐらい?


■あの大量の尻をどう捉えれば良いのか問題

入学してすぐ、の上級生からの呼び出しということで。
アッー!的な展開になるのかと思ってたんですが。

ただ単にアレですか。
わたしの心の汚れ具合が浮き彫りにされただけですかそうですか。*3

何だろう?ええと...

降参したり敬意を表するとき、尻出すの?インド人て(※混乱


■40代の守備範囲について考えてみる

撮影当時、ランチョー役の彼は当時44歳だったそうで。
9割方大学生役とかまじすげー!って騒ぎだったようですが。

いやいや。日本だって捨てたもんじゃない。
matome.naver.jp
藤木直人とかたかおわかったー!とか全然イケる張り合える。


もりもりなボリウッド。だーいぶたのしめちゃった。
これを機に掘ってみたいと思います。

*1:"うまく"だろ?って言われて、いや。"うまーく"だ。って、字幕には出てくるのね。 "うまく"よりももっと、肩の力を抜いたおまじない的なニュアンスを含みたかったのかなーと思った。 字幕監修:いとうせいこうだし

*2:ほぼ高円寺のインド料理屋で流し観した経験から

*3:だって、「貢ぎ物をどうぞ(※隠喩」ってことじゃないの?違うの???