読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのシナプスだって、本気出せば手をつなげる。

ごはんとお酒以外も上手に思い出せるよ!ということを証明する実験。尚、嫌いな作品をdisるほどのカロリーは残ってません。

『ゼロの未来(2013)』に関する記憶

そんな訳で今回は、『ゼロの未来』です。
f:id:pinocorita:20160724195347j:plain

映画『ゼロの未来』予告編
 
尚、この作品は、こんな気分のときにおすすめと考えます。
①VRの恋愛に興味がある→Yes
②「思い込みが強い」ってよく言われるけど。
 「信念が強い」と言え、と思っている→Yes
③変わった物件に住んでみたい→Yes

その心は...

奇人?天才?だけじゃないコーエン

この主人公がまた、かーなーりの変わり者でして。
 
いきなり、一人称がなぜか複数形*1
他人から触れられることも、極端に嫌がります。
かわいい女の子とのおつきあいなんて、夢のまた夢...
でもねえ
 

我々はパーティが怖い
どこに立てば良いのか

 
わかるー。
めっちゃ、わかるー。

 
だってさ。
何したらいいかわかんなくないですか、パーティて。
わたしなんて、全然社交的なとこないからね。
知らない人相手に話しかけるだけで、ハードル高いし。
仲良くなって盛り上がるとか、とてもとても....
 
なんとなくひたすらに、ずっと食べてるか。
なんとなく所在なくて、えっへらえっへら笑ってるか。どっちか

 
この台詞は、一笑に付されちゃうんだけどね。
こういうみじめさ、不安、頼りなさ、早く帰りたさを含んだいや〜な感じ。
それを全部包容して「怖い」って

 
なかなか直感的な感想じゃないですかこれ。
 
コーエンは数学脳の人だから。
世の中のあらゆることが、おしなべて0か100の人なのね。
好き/嫌いも、びらびら余計なものがくっついてこなくて判断が早いの。
計算が早すぎてむしろ、直感的・感覚的に見えてくるぐらい。
 
その辺りをおもしろいと感じて、彼に興味を持ったのかもね。
ベインズリーも。
 

思い込みが強すぎると、勘違いすら「神様」にできる

コーエンは、強い強い、信念の人。
信じることはいいことだけど。
それはいいんだけど。
 
途中で切れてしまった電話のことを
「自分に人生の意味を教えてくれるはずのものだった」
と思い込みすぎて。
その電話がまたかかってくるのを、何年も何十年も待ち続けている人。
 
信じることはいいことだけど。
それはいいんだけど。
 
信じてる先がえ。そこ?っていう...
 

神を信じたがる人間の悲しい一面とは
より崇高な目的を求めるあまり
人生が無意味に思えることだ
すべては"永遠"への通過点でしかなくなる 

 
わたしはまあ、申し訳ないぐらい、向上心がない人間です。
でもね

目標を高すぎるところに設定していて。
一日の意義が薄くなってしまってる人、ときどき見かける。
自己実現への思い入れが強すぎて。
「今に見ておれ!」と、世の中に復讐めいた気持ちを抱き続けている人も。
 
いやいやいや…
理想の俺実現の前に人生が終わったら、どうすんの。
そしたら俺の人生何だったんだ…ってなっちゃうよ。

今朝の空気は、どんなにおいがした?
ごはんの味は、どうだった?
友達と、なに話したの?
大事な人は、笑ってた?
今日の空は、どんなだった?


コーエンは、日常に何の喜びも感じない人でした。
あなたはどう?
今日のことも、ちゃんと愛せてた?

ただただ、色っぽいだけじゃない、ベインズリー

そんな灰色の日常に舞い降りた天使が、ベインズリー*2でして
 

あなたは誰よりもステキな骨格をしているわ
すごく滑らかで、清らかだわ
ものすごく、汚れが無いのね

 
なんだこのお洒落な口説き文句は!!!
 
しかも彼女が得意とする遠隔的タントラ・インターフェイスっていうのはね。
触れられなくても、セックスできるの。 
 
当然、ベインズリーが作った仮想空間に、コーエンはどはまりするんだけど。
コネクトするための全身スーツが、めっちゃサイズ合ってないとか。
仮想コーエンは、びっくりするほどかつらが似合ってないとか。

「VRにはまった人類の滑稽さ」みたいなものも、ちゃんと描かれています。
 
一方、コーエンの孤独も、なかなか頑固です。
ベインズリーに見せた"俺ワールド"は、あまりにも暗く、大きく、深くて、強力。
まるでブラックホールみたい
 

無を抱えて、よく生きられるわね*3

 
そら、ベインズリーも怖がるわ!
 
で、その無の果てに何がある?って結論が、
『ゼロの定理』の解とシンクロしていて。
 
気持ちいいの。
つい、唸っちゃうの。
 

そっか、SFってファンタジーでいいんだ...

自分には何が必要か。
自分は誰を愛すればいいのか。
自分の喜びは何か。
そのすべてを監視され、制御されている未来だなんて。
息の詰まる設定だけれども。

街がカラフルで、かわいい。
ずっと追いかけてくるうざったい広告ですら、かわいい。
『ゼロの定理』の計算も、遊んでるようにしか見えなくて、かわいい。
最新のダンスミュージックも、チャカポコしてて、かわいい。

マネジメントのスーツも、素敵。
コーエンの自宅が教会*4なのも、素敵。
テリー・ギリアムだもの...エンドロールはやっぱり素敵。

改めて、思い返せば。
SFって、ファンタジーだもんね。
まだ誰も見たことが無いんだから。
どんな未来を描いてもいいよね。ね。

ゼロの未来 [Blu-ray]

ゼロの未来 [Blu-ray]

ゼロの未来 [DVD]

ゼロの未来 [DVD]

*1:かと言って、多重人格ということでもないっぽい

*2:美人だけどちょっとオカリナちゃんに似てる。美人だけど

*3:この台詞は、あきれというよりこんな人いるの!?ってアンビリーバボ調

*4:しかし特にクリスチャンという訳でもないっぽい