うちのシナプスだって、本気出せば手をつなげる。

ごはんとお酒以外も上手に思い出せるよ!ということを証明する実験。尚、嫌いな作品をdisるほどのカロリーは残ってません。

『シャンドワゾー(2017夏)』の記憶 - ケーキを食べたら日本語ラッパー並みに世界に感謝したお話

そんな訳で今回は、ケーキに感動し過ぎておいおい泣いた話を書きます。

この前もお話したけどね。
友人がケーキ本を出版したんです。
こちらにも力一杯、書評を書きましたけども。

pinocorita.hatenadiary.jp

この前、見たらね。
Amazonのレストランガイド(その他)ランキングで5位になってました。
おおおおおー!!!
でも、いい本なのでもっと売れてほしい。
本当においしいケーキを食べたい人のところに、しっかり届け!!!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

さて。
この本を読んだ瞬間から行きたい!と思ってたお店がいくつかあるんだけど。
その中の一つ。
シャンドワゾーが、期間限定で新宿伊勢丹に来ているというので飛んでいきました。

尚、このお話は、以下の気分のあなたにおすすめと考えられます。

①ケーキなんて、女子どものものだろ?とまだ思っている→Yes
②ケーキで泣くとか暑さで頭湧いたんじゃないの?とぴのこを心配してくれている→Yes
③唯一無二の存在に憧れている→Yes

その心は...


まずね、連れて帰ってきたラインナップはこんな感じです。
じゃん!↓

f:id:pinocorita:20170716222519j:plain

完全に、皿のチョイスを誤ったな...猛省。

気を取り直して、実食ね。
手前から、左回りにいきます。

①タルト・アマンド・パッション

名前の通り、アーモンドとパッションフルーツのタルトです。

実はわたしの舌は、酸味と辛味に打たれ弱いのね。
激辛なんか食べてると、涙と鼻水が止まらないし。
すーぐ、お腹下しちゃう。

でも、旨辛ならイケるんです。
辛い!って刺激だけですべてを覆い尽くすような味じゃなくて。
ちゃんと、まろやかにするようなものが入っていたり。
ちゃんと、旨みまで感じられるようなもの。
それなら、大好きです。

酸味も、そう。
耳下リンパの辺りがすーぐ、きゅいーんとなってしまう。

たとえば、コーヒーのイルガチェフってあるでしょう。
ここ数年でだいぶ流行って、いまやドトールなんだかでも飲めるけど。
あれなんか、最初飲んだとき酸っぱ!ってびっくりしたけど。
丁寧に丁寧に焙煎したものだと、ちゃんとコクも苦みも死なないんだよね。

ちょっと話が逸れたけど。
そういう諸々があって、フルーツのケーキとか少しばかり苦手なんだよね。
ケーキのクリームとか土台とかって、甘いじゃん。
甘いの食べてからフルーツに戻ると、すごく酸っぱいじゃん。

それが苦手だったの。

でもね。上に書いたように。
酸味の刺激ですべてを殺しているからダメなんであって。
腕の良い職人であれば、バランスよく仕上げてくれるんじゃないかってこと。

最近、気づいたんだよね。

なので、これもチャレンジしてみることにしました。
すーごーく、ドキドキしたけど。

さて、いただきましょうか。
断面は、こんな感じ。

f:id:pinocorita:20170716224651j:plain

う。パッションフルーツの層が流出してしまいました...。
もっときちんと冷やしておけば、しっかり固形だったはず。ううう
ごめんなさいごめんなさい。

暑い中持って帰ってきたんだから、もうちょっと我慢すればよかったよね。
ケーキ!ケーキ!早く!食べたい!!!
がっつきすぎだよもう...。

パッションフルーツの部分はね。
まあ、酸っぱいは酸っぱいです。
でも、ばちーん!がつーん!と来る酸味ではなくて。
ちゃんと、香りもトロピカルみも感じられる酸っぱさです。

でねでね。
この上に載っている白いドーム型の部分があるでしょう。
ここがね、アーモンドのムースなんです。
ちなみに、パッションフルーツの層に紛れているのも、アーモンド。
周りに刺さっているのも、キャラメリゼしたアーモンドスライス。
トッピングも、アーモンド。
つまり、タルトとパッションフルーツ以外のところはアーモンド尽くしなのね。

で。土台のタルトがおいしいんだこれがまた。
ザクザクで、どっしりしていて、安定感がある。
フランスの焼き菓子に、ガレット・ブルトンヌってあるでしょう。
こんなやつ↓

f:id:pinocorita:20170717144621p:plain

これのすごくおいしいやつに似てると思った。
ケーキヲタの人に怒られるかもしれないけど。

パッションフルーツの酸味をね。
杏仁豆腐のような優しくてまあるくて穏やかな甘みで包容して。
土台のタルトでしっかりと受け止める。

構成とバランスが、すーごくいいんだよね。

②タルト・ヴァニーユ・マルティニック

淡い黄色いタルトで、上にトルネーディなチョコ細工が載ってる子です。
タルト・ヴァニーユ・マルティニック。
直訳すると、「バニラのタルト マルタ島風」。

どの辺がマルタ島風?
外見からは、よくわからないよね。

いただいてみましょう。
断面図です。

f:id:pinocorita:20170716224824j:plain

あ。これ好きぃ...♥︎

バニラのパートはよくよく注意してみると、3層に分かれているのね。
いちばん下が、ラムレーズンのバニラクリーム。
テクスチャとしては、硬めです。
で、ラムレーズンがね...。
いちじくのコンポートのような、濃厚な甘さなんだよね。

これだけでも十分おいしいんだけど。
1個丸々食べると、くどいかも。重いかも。
ってところに、上のこのバニラムースですよ。

ほわり、と軽い。
甘みも、クリーム部分よりは淡いけどちゃんと甘い。
卵のようなコクもある。

真ん中の黄色いところは、やや濃厚なねっとりしたムースで。
たまご色の部分とはまた、テクスチャと濃さも味も違うのね。
ちゃんと、コントラストがつけてある。

そうそう、マルタ島っていうのはね。
ラムの産地なのでありました。

たしかに、お酒は感じます。
でもこれも、アルコール特有の尖った立ち上がり方ではなくて。
あくまで、レーズンを香りよくするため。
レーズンをふっくらしっとりさせるため。
おいしくするために仕事が施してあるのだなーとわかるんだよね。

これ"も"、シャンドワゾーのスペシャリテで。
夏限定ではないみたい。
ん?「も」とは???...後半に続く!!!

③タルト・シトロン

レモンのタルトですね。
うーん...爽やか!夏だーーー!

さっそく、いただきます。
ほい。断面図。

f:id:pinocorita:20170716224511j:plain

黄色い部分は、全部レモンクリームですね。
硬めに炊いたカスタードのようなテクスチャー。

レモンって聞いただけで、唾液が倍増して耳下リンパがきゅいーんと来るわたしです。
ドキドキしたけど、これは大丈夫だった。

レモンの酸味はあるんだけど、ちゃんと角は取ってある感じ。
酸っぱいけど、まあるいの。
レモン自体の香りもいいしね。

上に載っているのは、メレンゲです。
甘ったるい、ねちっとしたメレンゲではないですね。
軽くて、サクサク。
バーナーで炙って、少し焼き色がつけてあるのでいい香り♪

そんな感じで、この中で比較すると。
全体的に軽く感じるんだけど。
これもまた、ザクザクのタルトでどしっと受け止めてくれる感じです。

トッピングに、スライスしたレモンのコンフィが乗っています。
うーん...爽やか!夏だーーー!

④ミゼラブル

ミゼラブルってなんぞ?って思うじゃん。
わたしもう、ジャン・ヴァル・ジャンのあれしか知らないよ。

「ミゼラブル」とは、日本語でいうと「かわいそう」「みすぼらしい」という意味です。では、このケーキの何がかわいそうなのかというと、サンドされているバタークリームの作り方が、通常は牛乳を使ってバタークリームを炊くのに対して、水を使って作るから、貧乏くさいというかかわいそう、ということらしいです。
 
(※『ケーキツアー入門』より引用)

なんだろう、この同情を誘うケーキ...。
さっそく、食べてみましょう。
横からみたお顔、いきます。

f:id:pinocorita:20170716223134j:plain

控えめに言って、地味...かな...?
スポンジも心なしか、くすんで見える。

いやいやいや!
こういうものはね、食べてみないとわからないよ!
さっそく、いただきましょう。ぱくり。

あ...これ...

牛さん、ありがとう。
にわとりさん、ありがとう。
小麦さん、ありがとう。
さとうきびさん、ありがとう。
ぶどうの木、ありがとう。
アーモンドの木、ありがとう。
村山シェフ、ありがとう。
おとうさんおかあさん、私を産んでくれてありがとう。

地味とか言って、ごめんなさい。
これねえ、これねえ...

この世の生きとし生けるものすべてに感謝したくなる味なの。

誇張じゃなくて本当に。
食べてる間、涙が止まらなかった。
食べものでここまで感動したのって、いつだろう?
熟成牛を初めて食べたとき以来かな。
つまり、10年遡るほどの経験でした。

バタークリームってね。
わたしは大好きなんだけど。
上手に作らないと、重いし、べたっとする。
くどくなる。しつこくなる。

特に最近は、敬遠されているものではあるんだよね。

このバタークリームはね。
重さはしっかりあるんだよ?
でもねえ、でもねえ...

口の中いっぱいにバターの香りを残したまま、すっと消えてしまうの。
なくなってしまうの。
すごく、儚いの。

気づいたら、あ。もう、いない...

このケーキの肝は、いかにおいしいバタークリームを作るかにかかっています。(中略)例えばミゼラブルをスペシャリテとしているシャンドワゾーでは、フランス・イズニー社の最高級バターを贅沢に使用しています。もちろん、高いバターを使えばそれだけでおいしくなるわけではありませんが、シャンドワゾーの絶品ミゼラブルはイズニーのバターなしでは作りえないものです。
 
(※『ケーキツアー入門』より抜粋引用)

イズニー、お前だったのか!!!

でも、香りだけじゃない。
塩気とコクも、しっかりあります。
そしてまた、アーモンドスポンジの甘さが絶妙なこと。
バターの余韻とともにラムレーズンを味わう時間の、しあわせなこと、しあわせなこと。

こんなケーキを作れるって、一体どういう人なんだ?
気になって、いろいろ調べちゃったよ。
そしたらね。
村山シェフのポリシーがまた、素敵なんだ。

素材感が際立ったお菓子が好きです。例えばレモンのお菓子は酸味があった方がいいし、ガトーショコラはカカオ感がある方が美味しい。一つのお菓子を考える時、主役になる素材を存在感のある主役にする為の、レシピや構成にこだわっています。目をつぶって食べても何のお菓子なのかすぐにわかる、そんなお菓子が私の理想です。
 
(※シャンドワゾー - Chant d'Oiseau -公式サイトより引用)

うんうん、わかる。
これ、目をつぶって食べてもわかる。
すぐ、わかる。
間違えようが、ない。

他では絶対に、味わえない。
唯一無二です。
そっか。スペシャリテってこういうことなんだ...。

伊勢丹マ・パティスリーでの催事は、7/17(火)までです。
お店は川口だけど、わざわざ行く価値があるよ。
ぜひぜひ!

『ケーキツアー入門』には、まだまだ絶品ケーキがたくさん紹介されています。
こちらも、ぜひぜひ!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ